注目記事

〈対談・声をあげられない被害者のぶんまで〉
レイプは“魂の殺人”です
大藪順子 × 小林美佳

大藪順子さんは9年前にアメリカで、小林美佳さんは8年前に東京で、レイプ被害に遭っています。「被害者の痛みを知ってほしい」と声をあげ、実名で体験を綴った手記を出版しているお二人による対談。自責の念に駆られる被害者の心理、被害に遭ったことを打ち明けたときの家族の反応は……など、被害者自身でなければ語り得ないことが盛り込まれています。レイプがいかに被害者の心身を打ちのめす犯罪であるか、お二人の言葉が強く重く、胸に響きます。

小林 本屋でウロウロしていたときに、たまたま大藪さんの本が目に止まり、ページをめくりました。ちょうど出版社から「本を出さないか」と言われていたときだったので、かぶったと思った(笑)。で、大藪さんのことをネットで調べたら、サバイバー(性暴力やDVの被害から生き延びた人)の写真を撮っておられて、講演もなさっている。私はもう何もやることがないと、編集者に「やめます」って電話かけたんです。

大藪 私の場合はアメリカで起こったことで、日本の人にとってはワンクッションおいた出来事。だから、日本で起こった身近な事件、今まで目を逸らしていた事実を小林さんが語ることは大きな意味がある。被害者という立場から声をあげない限り、性犯罪の本質というものはなかなか理解されないと思うんです。

〈大藪さんは、就寝中、侵入者によって被害を受けた。小林さんは、帰宅途中、道を聞いてきた男に車に連れ込まれた。二人とも、直後に、警察に被害届を出している〉

小林 警察に届けを出したのは、自分の意志というより、被害に遭った直後に電話で助けを求めて駆けつけてくれた元彼に、「どうしたい?」と聞かれたからでした。解放された場所が外で、一人暮らしだったから、家に帰ったら一人になってしまう。怖い、帰りたくない、と逃げ込んだ場所が警察だったんです。助けてもらおうというよりも、仕方なく行く場所が警察だった。

大藪 私の場合は、助けを求めて駆け込んだアパートの下の階のおじさんが、警察に通報してくれたんです。私や小林さんのケースは犯罪性が明確で、警察に行って届けを出すというステップがとれた。これは珍しいことです。性犯罪に遭っても警察に行けない人がほとんど。なぜなら加害者と一緒に飲んでいたり、出歩いていたり、家庭の中での性的虐待であったりすると届けは出しづらい。届けても、警察で「どうしてその人と飲んでいたのか」と問い詰められたりする二次被害に遭う危険性は高いし、被害者自身、自分も悪かったんじゃないかと思っているところがありますから。

(『婦人公論』2008年7月22日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!
快楽白書2014発売
最新号目次

メルマガ配信(無料)

婦人公論メールマガジンのご案内
配信希望  情報変更
メールマガジンのサンプルを見る

携帯サイトのお知らせ

ケータイサイトはじめました。
いつでもどこでも情報ゲット! アクセスはこちらから

掲載号

婦人公論 2008年7月22日号(7月7日発売)
定価566円(本体価格524円)
表紙: 野際陽子

ページの先頭へ